―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

体外受精の成功率ってどれぐらいなの?|確率について

体外受精の成功率や内容について記しています。
トップページ >

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

体外受精の成功率について

どうしても赤ちゃんが出来ないと不妊症で悩んでいる夫婦の最終手段として体外受精が行われます。

体外受精というのは不妊治療の1つで、あらかじめ採取した卵子と精子をシャーレの中で結合させます。

そして出来上がった受精卵を子宮内に人工的に注入させることで妊娠させる方法です。

この体外受精を行うのは高齢や病気により不妊で悩んでいる夫婦が多いです。

実際の成功率については約20%と言われています。

細かく言うと担当する医師の技術や機械の性能、本人の体質が大きく関係します。

体外受精は説明の通り失敗する確率のほうが高いです。

たとえ1回失敗したとしても、再び行うことができます。

ただその場合は、担当である医師としっかり相談することが必要です。

また医療費も関係するので家族との話し合いも必要です。

なぜ体外受精は成功率が低いのか?

なぜ体外受精の成功率はこんなに低いのか?

それは卵子の質が関係しています。

人間の体というのは年齢とともに内臓も体力も低下します。

これと同様に卵子の質も低下していくんですね。

上記の説明でも述べたように体外受精を行うのは35歳以上の高齢の夫婦が多いです。

いくら本人たちが妊娠を希望していても、あらかじめ採取した卵子の質が低いと当然ゴールである妊娠にはたどりつけません。

これは夫の精子にも同じことが言えます。

また受精卵を子宮内に注入したとしても、子宮機能の低下により着床できなければ妊娠することはできません。

つまり逆のことを考えると、体外受精の成功率を上げるには卵子と精子の質を上げることがポイントになります。

体外受精の成功率を上げるには

体外受精の成功率を上げるには、上記のように卵子と精子の質を上げることが重要です。

さすがに老化を完全に止めることができません。

それでも質を高めることは可能です。

まずは自分の体質を変えることです。

男女ともに食事の栄養バランスが偏っている人は同様に卵子と精子の質の低いです。

そのためビタミンやミネラルなどバランスよく栄養摂取することが大事です。

もし食事で摂取することが難しいと言う人はサプリがおすすめです。

その他に男女ともに適度に運動することも大事です。

運動することで体内の血行が改善されて栄養が行き届きやすくなります。

また身体面の老化を防止することもできます。

女性に関してはストレスを抱えると妊娠に必要な女性ホルモンが減少してしまいます。

そこで適度な運動することでストレスも発散できます。

このように体外受精を成功させるには医師の技量、機械だけでなく自身の体質改善も重要なんですね。

体外受精の失敗。成功の確率

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright (c) 2014 体外受精の成功率ってどれぐらいなの?|確率について All rights reserved.